HOME 当校の特徴 授業のご案内 入塾の流れ 合格体験記 職員紹介 アクセス

大学受験(2012)

noimg

Y・Yさん

洗足学園高校

 

東京外国語大学(アラビア語)

合格‼

 

上智大学(外国語ーポルトガル語)も合格‼


 

私は今まで数学がまったく出来ませんでした。

どんなに勉強しても、結果はいつも赤点。

個別塾にもいくつか通いましたが、効果は現れませんでした。

数学は無理だとあきらめていましたが、東京外国語大学を受けるためには、センターで数学ⅠAが最低でも必要です。

そのため、わらにもすがる思いで成城個別学習会(山﨑塾長が独立前にいた塾です)の門を叩きました。

成城個別学習会(山﨑塾長が独立前にいた塾です)では中学数学からやり直すことを勧められました。

三角形の作図をやっているときは、「本当にこれで大丈夫なのか・・・センター試験に間に合うのか・・・」と不安になりましたが、夏を終える頃には模試に徐々に結果が現れてきました。

センター試験本番では、計算ミスをしてしまい頭が真っ白になりましたが、個別学習会(山﨑塾長が独立前にいた塾です)で勉強してきたおかげで悲惨な点数は取らずに済みました。

二次対策では、私が理解するまで山崎先生がとことん付き合ってくださり、英語長文の記述における日本語の指導もしてくださいました。

試験当日は山崎先生からいただいた指摘をまとめたノートだけをずっと読み返していました。

どうしても、どうしても行きたかった東京外国語大学に無事合格。

この合格は山崎先生をはじめ、講師の先生方の協力がなければ手に入れることが出来なかったと思います。

一年間、本当にお世話になりました。

東京外国語大学で必死に勉強してきます。

 


塾長からのコメント

 

 やりましたね、Yさん、さすがです、おめでとう。妹のSさん(洗足学園中合格)の「大逆転ミラクル合格!」(失礼)に続き、堂々の「王道合格」です。私も本当にうれしい。そして私を信じて最後までついてきてくださったお二人、そしてご両親には感謝の気持ちでいっぱいです。

 Yさん、あなたはぜんぜん数学の感が悪くありません。怖いくらいに予定通りに実力を身につけてくれました。そして他の科目の実力は偏差値的に見てまったく問題が無い。

 しかし、それでも難しいのが、油断がならないのが難関大学です。私の感覚では、センター試験が終わった段階では、センターの点数は足りていながら、それでもあなたにもなお、不合格の可能性、不安要素はあったと思います。現に上智大学の外国語学部は補欠になってしまいました(現役の今年は私大に進学する気持ちのまったく無かったあなたは塾では私大対策をしませんでした)し、センターの数学でも実力を発揮しきれたわけではありません。私は私なりにその不安要素を分析し、それはあなたに実力があるがゆえの無意識の油断があるからだと結論づけました。「他の受験生が自然に身に着けている弱者の視点の欠如」と言ってもよいでしょう。

 二次対策ではその「弱者の視点」を踏まえたうえで徹底的に解答力の向上に努めました。大学の先生はこういう意図でこの質問をしていると考えられる、だからどういう内容を答えるべきである、さらにその内容ならばどう伝えるべきである。そして終始一貫して「弱者になったつもり」でケチケチケチケチ・・・。私の全能力をあなたに注ぎました。そしてあなたはそれを見事に吸収して見せました。

 センターから二次試験までの苦しいはずの勉強。それをあなたほどきちんとこなせた生徒に私は出会ったことがありません。二次試験の当日、あなたから不安要素は消え、あなたの合格可能性は必然の域にまで高まっていたと思います。

 とは言っても3月6日、あなたの口から実際に「合格」の言葉を聞いたときは本当にホッとしました。救われた気がしました。ありがとうYさん。

 Yさん、あなたは結局相当いい成績で合格されていると思います。東京外国語大学でも自信を持ってがんばってください。そしてこれからは、できましたら、講師として私および成城個別学習会を助けてください。